『寝言』『戯言』『独り言』 ムプ^^

☆☆★★人生を勝手に愉しむオヤジのブログ★★☆☆

カメラ その②

 ①ではカメラを持った理由などを書いた。

 今回は、Nikon『FE』を選択した頃のことを書こう。



 このカメラは、ボクがこだわりを持って買った初めてのモノだ。



 あの当時のカメラは光学メーカーとフィルムメーカーが主に造っていた。合併や統合もしていなかったので、いろいろなブランドがあった。

 デジタルの今は逆に、光学メーカーは減ったが、家電メーカーが参入しているので、ちがう意味でいろんなブランドがある。

 当時の代表的な国内ブランドは、Nikon、Canon、PENTAX、OLYMPUS、MINOLTAあたり。

 ちょうどRICOHが『XR500』を発売し、低価格ー眼レフ競争となった。漫才コンビ『セントルイス』のCM『サンキュッパ』は大流行だった。今でも必ず使われる『●●キュッパ』の語源だね。

 CMといえば、MINOLTA『X-7』がビキニ姿の宮崎美子で大爆発してたね。

 あと、Nikon『EM』のCMでは高中正義が起用され、当時、浜田省吾ばかり聴いていたボクは浜省にない「あか抜けた」サウンドの高中にハマることになった。

 変わり種ではPENTAX『Auto110』という手のひらサイズのー眼もこの頃だったな。ポケットカメラ用のフィルムを使ってた。なぜー眼にする必要があったのか、摩訶不思議。
 今でも、常にPENTAXのカメラは他よりひとまわり小さい。



 あの頃の記憶は今でも鮮明だ。

 カタログとカメラガイドを読みまくる毎日。夜も眠れない。そして、

 カメラ本体云々より、レンズのイメージでPENTAX、MINOLTAは外れた。
 候補は
  Nikon『F2』『FE』『FM』『EM』
  Canon『F1』『A1』『AE1』
  OLYMPUS『OM2』『OM1』『OM10』
 やはり、いくらなんでも中坊がプロ仕様は引けるし、値段も跳ね上がるので、『F2』『F1』『OM2』を外し、
 また生意気にも入門機はなんとなくカッコ悪いので外した。『EM』『AE1』『OM10』だ。

 残りは
  Nikon『FE』『FM』
  Canon『A1』
  OLYMPUS『OM1』
 に絞られた。

 最初に脱落したのはCanon。
 当時からCanonは電気仕掛な部分が多かった。山など自然の中での使用を考えると、機械式が好ましい。例えば星空などの撮影で使うB(バルブ)も、Canonは電磁シャツターなので開けている間は電気を使う。対するメカニカルシャッターのNikon、OLYMPUSはたとえ電池が無くてもシャッターは切れるのだ(FEはB・1/90のみメカニカル)。
 また、CanonはAEもシャッタースピード優先が主であり、距離感(深度)が重要なボクの用途からすると絞り優先AEメインのNikonに分があった。
 Canonは悪くはないが、ボクの用途に合わなかったのだ。

 この選択が正しかったと証明できたのは、酷寒のアラスカにオーロラを観に行った時。
 フェアバンクス郊外のチャタニカの夜、ボクのNikonは毎夜問題なく作動したが、同じロッヂに泊った方のCONTAXは途中からシャッターが切れなくなった。見事にバーストしたオーロラを写真に残せなかった彼はとても残念そうだった。


 さあ、あとはNikonかOLYMPUSか。

 この時点で残るは『FE』『FM』『OM1』。
『FM』と『OM1』はマニュアル機。『FE』は絞り優先AE+マニュアル。
 質実剛健なマニュアル2機はとても魅力的。しかも安い。でも安っぽくない。とても玄人っぽくてカッコイイ。クルマでいえば、スパルタンなライトウェイトってとこか。

 対する『FE』はAEを備え、フィルム選択幅やシャッター速度幅、露出補正など、すべてに於いて『FM』の上位機種的存在だ。
 やはり、絞り優先AEを必要と感じた。

 そしてNikonという圧倒的な存在感と高級感は、所有欲を満たしてくれる。


 というワケで、途中までは消去法、最後は積極的選択により

Nikon FEを手に入れたのです。













  1. 2016/09/19(月) 01:00:38|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラ その①

 前回、フルサイズデジカメについて書いた。

 写真について書いてみたくなった。



 その昔、フィルムカメラの時代には、Nikon FEを使っていた。



 CBXと同じ頃発売された、当時のNikonの中~上位機種だ。

 子供が持つようなモノじゃなかったけど、どーしても欲しくて、必死で買ったんだ。

 デジカメになるまでは愛用していた。気に入っていたし、とてもいいカメラだった。



 小学生の頃、家にいるのが嫌で『徘徊癖』がついた。

 あちこち行くと、風景が新鮮だった。

 中学になると、行動半経も拡がり、感情も豊かになり『ココロが動く』風景との出逢いも増え、写真に興味を持った。

 『眼前にあるこの風景を残しておきたい』と思うようになったんだ。



 あのテこのテで手に入れた夢の『Nikon』。

 でも、写真の世界はそんなに甘いものではなく、思い通りの映像になった試しはなく、失敗また失敗。。。

 フィルムカメラは、できあがってみないとどんなものが撮れたのかがわからない。
 毎回、現像に出すたびにドキドキワクワクしたものだが、仕上がりを見ては『ガッカリ』ばかり。

 『なんであの感動的な風景がこんな写真にしかならないんだ?』ってね。

 写真屋のおっちゃんにもいろいろ教わったっけな。



 そんな予習もあり、高校で山岳部に入る頃には、ちょっとではあるが、絞りや露出をコントロールするようになっていた。

 納得できる発色の写真なんてぜんぜん撮れなかったけど、構図はずいぶん考えられるようになった。それだけでも楽しめるようになった。

 当時は、ズームレンズは安くて良いモノが普及していなかったので、単焦点だったから、構図はとても重要だった。

 今や、ズームやトリミング、パノラマ合成までもカンタンにできる時代だからね。



 さて、長くなってきたのでまた次回ね。

























  1. 2016/09/18(日) 01:18:55|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱ買えねぇー (;¬︿¬)

 欲しくても欲しくても買えないモノがある。


 フルサイズデジカメ。






 値段の問題じゃないんだよねー。。。


 どんな高級機でも『所詮デジタル家電』と思ってしまう。


 『ー生の愛機』になるのなら、20万くらいは高いとは思わないのだが。。。


 どうせPCやスマホと同様に数年で果てるんだよね。。。


 カメラでそれは嫌なんだ!


 やっぱ買えねえ!


 そして、あれもこれも中途半端なハイグレードコンデジなんか買ってしまうんだ。いつも。


 まぁね、コンデジなんか高くたって3万だから、3年も持てば十分だ。
 適度に壊れりゃ最新型買えるしね。。。


 そして、カメラ買うたびに思い出すのは永年の愛機『Nikon FE』。



 ボクにとってのカメラはコレっ!

 今さらフィルムカメラには戻れないし。。。





(画像はすべて借りました)











 
  1. 2016/09/17(土) 11:57:00|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニヤケ箱の中身は・・・

 コレです。



 先日もちょっと書いたけど、よーやく近々復帰させる見通しのスコピに載っけたげようと思ってます。

 今更ながら初購入なので、どんなモンなのかってことで、Gο-Proパクリにしました。

 安いから、しくじっても後悔ナシ^^

 
 あぁ楽しみ。。。











  1. 2016/08/20(土) 01:02:43|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どっこい生きてる~♪



 先週、とある田舎町で飲む機会があったんだけど、現役の8トラのカラオケがっ!

 うちのオヤジのパブリカにも付いてたっけなぁ。

 ナツい^^












  1. 2016/08/07(日) 01:56:40|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

検索フォーム

welcome

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

tome×2

Author:tome×2
2台のオモチャとの楽しい生活を中心としたオヤジの戯言^^

気軽にコメントくださいね~^^

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

GRINNALL K3 Scorpion (22)
HONDA CBX (11)
クルマ (10)
バイク (1)
自転車 (5)
食べる (74)
ヒト (2)
モノ (21)
動植物 (30)
カラダ (7)
シゴト (28)
つぶやき (92)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR