『寝言』『戯言』『独り言』 ムプ^^

☆☆★★人生を勝手に愉しむオヤジのブログ★★☆☆

ドロイドくんがっっ!!

 2012年に購入したスマホ『GALAXY  Note2』、先日ついに逝ってしまいました(泣)

 自分が手にする日用品で、わざわざ敵視政策国の製品を選ぶなんて!! と、購入に際してずいぶん迷ったのを思い出す。

 当時はまだまだ日本メーカーも豊富な時代だったし、それに比べれば敵対国の製品の信頼性も低かった。

 迷いに迷ったすえの購入だった。

 決め手は、当時としては特大の5インチオーバーのディスプレイ。そしてペンによる手書入力。

 まる5年も使ったんだー。 こんなに長もちするなんて、思ってもみなかったよ。

 しかし、突然死にはマイッタよ。。。

 実はね、この冬、スマホ買い換えようと思ってたんだ。

 ガラケー時代は、その端末本体の機能がすべてだったから、すぐ新しいのが欲しくなったけど、スマホになってからは端末の性能はあまり関係なくなった。アプリだからね。せいぜいカメラくらいかな? 端末でちがうのは。

 でもカメラは、もうすでに十分高画素・高機能化してるし、そもそもスマホのカメラには限界あるし。

 なので、買い換える必要性を感じなかった。 これは当時、最大のディスプレイを持つこの機種を選択したことが正解だったと思っている。

 今は5インチオーバーが当たり前だから、当時主流だった3~4インチモデルを買っていたら、たぶんもっと早く機種変していただろう。

 だから、もう6年近く使った今でもまったく不満もなく、最新機種にも興味そそられることもなく使っていた。

 ところが、昨年あたりから、使っていたアプリが『消える』事件が多発(笑)するようになった。

 アプリを更新すると、古いAndroidはサポートから外れるらしい。

 当然、新しいアプリを入れようとしても、化石のようなOSは非対応。ポケモンGOもできなかった(笑)

 アプリが使えなくなったらスマホはただの使いにくいデカい電話だ。 これぞまさに『ガラケー』ならぬ『ガラスマ』だ。なんてったってAndroid2だからねー。

 こーなると、iPhoneはOS自体を更新するから魅力的だよね。ストアやアプリの信頼性も含め、いろんな意味でiPhoneの方がいいのはわかっている。だけど、SDカードが使えないiPhoneは、ボクの用途には合わない。

 で、昨年全世界的問題になった『GALAXY Note7 』が国内販売されたら機種変しようと思ってた。

 しかし、SAMSUNG世紀の失敗作となり、日本で発売されることはなかった。

 もう『Note』は作らないのか? とあきらめていたら、8月に発表された『Note8』。すぐさまSAMSUNGJAPANのサイトでも日本語で情報が載ったので、調べてみたらdocomoの秋モデルで出るらしい。

 どうやら、11月に予約受付で、12月デリバリーらしいという情報。

 そして待ちに入った矢先・・・、

 突然この衝撃的画像!

 ディスプレイ全面に、ムカシのDOS画面のような文字が赤や黄色で表示され、中央に倒れてお腹から赤ビックリが出ているドロイドくん。なんだか黒い霧がかかっているよーにもみえる、おどろおどろしい演出。

 可哀想で悲しくなる画像。見ているのもツラくなる演出だ。

 正直『こんなん作ンな!』と思う。作者の趣味の悪さに閉口させられる! 他にやること無いンかいっ!!

 哀れドロイドくん。。。

 さて困ったゾ。 愛用の『Note2』は御臨終。買うつもりだった『Note8』は早くて2ヶ月後だ。

 いまさらスマホ無しで2ヶ月過ごすなんて考えられない。

 選択肢は2つ、

 ①『Note8』を待たずに現行モデルをかう。

 ②『Note8』がでるまで中古端末でつなぐ。

 悩んだすえに、①を選択。

 いっつも思うけど、機械モノって不思議やね。 こーゆータイミングで?ってとこで壊れるよね。

 在庫があるものを買ったので、お持ち帰りして、GoogleやらYahoo!やらLINEやらFBやら・・・。 めんどいわー。。。

 一番わからなかったのが、このFC2ブログアプリ。なのでしばらく書けませんでしたが、めでたく復活と相成りました^^

 そして、Noteじゃなくなったことにより、現在慣れないフリック入力と格闘中^^

 困ったのは、突然死だったので、データが取り出せないこと。

 現在DOCOMOにデータ復元サービスを以来中だけど、どこまで取り出せなるかは不明。

 過去のLINEのトークは消えてしまった。

 ボクは、クラウドサービスに抵抗感があり、ほとんどクラウドしていなかったのもイタいところだ。

 さて、今回もロングライフとなるであろうこのスマホ。はたしてどれくらい持ってくれるやら。。。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/16(月) 03:39:17|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

届いた^^

 Noritakeのペアマグ



 例のニタリ箱で



 1コの値段でペア買えた^^

 SRILANKA madeなんですね。知らんかった^^ ←(ナントナク ダジャレ)


 妻がゴールドでボクはプラチナで決まりです。


 コーヒーって、器で味が変わります。色的な錯覚なんだろうけど。


 早速、週末のコーヒータイムはコレで^^














  1. 2017/07/22(土) 01:04:48|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲタ^^

 tome吉、幼少期より下駄を愛用しております。

 お、お、おにぎりがた、た、たべたいんだな の大将みたいだよ。

 先日、雑貨屋で発見し



 即買っ!

 これはイイねっ!



 アーチ状になっていて、土踏まずが気持いい青竹踏み効果が堪らん♥

 ちなみに材は日田杉だそうです。














  1. 2017/07/19(水) 00:52:19|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

オートバックス♪



 普段はほとんどご縁の無いお店^^

 嫁車のナビが壊れました。修理見積りです。

 ステップワゴン買った時に付けたナビ、ネットやらなんやらで最安探して、まさかまさかのオートバックスの踏ん張りに驚いたのを思い出す。多店舗型量販店もバカにしたもんじゃないと、それからは何か買う時は、念のため価格交渉するようになりました^^
 → そん時の記事 (アメブロ)


 しかし、まったくねぇ┐(´o`;)┌

 機械モノだから仕方ないけど、もう少し持つかと思ってたよ。

 このテの故障は、タッチパネル交換がほとんどで『たぶん3万円程度の見積りになるかな~』とのこと。

 そこそこのレベルのモノ買ったのに、たかだか5年でこれじゃあねぇ( ̄^ ̄)ムカツク

 見積り見てからだけど、買い換えるにしてもあんまし高いのは買わない方が良いかもね。。。



 作業中ヒマなんで、店ん中見て回ったんだけど、



 最近のお座布・腰当て系の充実ぶりには驚いたね。

 良さそうなのが沢山^^

 買ってくか^^ と思って値段見てビックリ(°Д°)!! 1万とかすんじゃんけ( ̄□ ̄;)!!

 ンなモン買えるかっちゅーの!


 あとひとつ驚いたのが、客の年齢層。

 ムカシはアンちゃんネーちゃんが行く店だったよね? 年寄りばっかじゃんけ^^
←← そーゆーアンタもね(笑)

 社会の変化を感じましたです。ハイ。


  









 

  1. 2016/10/03(月) 00:46:33|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメラ その④

 さて、我が家も遅ればせながらデジカメを導入することとなった。



 いろいろ物色して決めたのが



 Nikon『COOLPIX 5000』

 コンデジの中では上級機だ。てか、そもそもコンパクトじゃない(笑)
 ー眼じゃないものをコンデジと分類するならコンデジだ。

 レンズ交換ができないというだけで、機能的にはー眼に引けをとらないモデルだ。

 スタイルもGood!



 ただし、同時に買ったOLYMPUSの防水コンデジとともに、幼稚園の3年間を持たずにご臨終となった。
 両者とも、センサーのゴミ?により、画像に斑点が出るようになった。

 修理見積りは新品買うべしって値段。


 実は、その後もコンデジは何台か買ったが、同じようなことで長持ちしない。

 これが、ボクの中でデジカメをカメラではなく『家電扱い』してしまう原因の1つになっている。
 いろいろこだわって調べて買っても、すぐに買い替えとなる。
 フィルム時代はコンパクトカメラだって壊れるモノだという認識はなかった。



 Nikon『COOLPIX 5000』の後継機を選ぶことになり、小学生になる子供に合わせてー眼にすることになった。
 広い校庭や体育館での行事を踏まえての判断。

 ただし当時のー眼は、よほどの高級機を除けばセンサーもコンデジと大した差はなく、画素数がいくらか高い程度だったので、あまり高い機種を買うつもりはなかった。単純にレンズ交換や高倍率ズームの使用が目的だ。

 そして選んだのが



 Nikon『D70s』 中堅デジイチ。

 この『D70s』はトラブルもなくずっと使えた。


 しかし、やっぱ『家電』だな。

 さすがにコンデジとちがってボティもしっかりしてるし、故障はなかった。
 でも、フィルム時代のー眼との違いは大きい。

 昔のー眼は、単純に箱にレンズを付けたモノ。レンズとフィルムは重要であったが、カメラ自体は『質実剛健なただの箱』だ。
 『FE』の時代だって、プロ機『F2』から入門機『EM』まで、付加価値的機能以外の『撮る』という部分では何ら変わらないのだ。
 同じマウントのレンズを通った光が同じフィルムに当たって写真になるのだから。

 今のー眼は、レンズの重要度こそ昔と変わらないが、フィルムに代わるセンサーが違うのだから、カメラ自体の性能の差だということ。



 他の家電と同じように、新型が出ればそれにはかなわないということだ。
 どんな高級機を買っても愛着は沸かないし『一生もの』にはなり得ない。


 デジカメのセンサーも数年前、ついに35mmフィルムと同じサイズに達した。いわゆる『フルサイズ』化した。

 これは規格的にはひとつの到達点だろう。
センサー勝負のデジカメだが、これ以上センサーサイズが大きくなり続けるのか? いや、もしそうなるにしてもここで一旦は止まるだろう。

 センサーの大型化が始まった頃から、ここまで来ることは予想できた。
 ミラーレス機にもフルサイズが搭載されるようにもなり、基本性能的には『買い』のはずだ。

 でも手が出ないのは、ボクの中での『家電扱い』が原因なんだろう。
 デジタル時代なんだから、考えを改めなければならないのだが、そこはアタマのカタい昭和オヤジ。『わかっちゃいるけど・・・』ってやつだ。

 あと、デジイチのスタイルなんだけど、せっかくデジカメなんだから、なにも昔風の『箱』にこだわる理由がわからない。
 交換レンズ群の制約はわかるが、中途ハンパで好きじゃない。
 そんなことしてるから、ミラーレス機のレンズ群整備が進まない。
 
 せっかくデジイチ買うのに、レンズに制約を受けるミラーレスー眼じゃ、ー眼の魅力は半減だよね。

 そこを割り切っちゃったモデルがコレ。



 フルサイズコンデジ SONY『RX1』
 操作感も良く、なかなかのデザインだ。
 
 フルサイズにF2レンズ。

 レンズ交換できないのはなにかとイタいところだが、そこは割りきりだ。
 ただ、焦点距離35mmというのは、物足りない。

 昔のカメラレンズは、ー眼が50mm、コンパクトが35mmが標準だった。これがどっちも使いづらい。ー眼ユーザーに、広角と中望遠を買わせる戦略だったのか(笑)
 山岳の雄大な風景には24~28mmは欲しいし、逆にモノに焦点を当て絞りを活かすには70mmは欲しいところだ。

 『RX1』も、単焦点ではありながら、パノラマモードやデジタルズームを備えているが、エマージェンシーかな。


 いずれにせよ高価なモノなので、割り切って買うようなシロモノではない。


 いつの時代もカメラは『欲しいモノ』の上位にくる。


 あぁ、欲しい。。。 

 













  1. 2016/09/21(水) 01:29:04|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

検索フォーム

welcome

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

tome×2

Author:tome×2
2台のオモチャとの楽しい生活を中心としたオヤジの戯言^^

気軽にコメントくださいね~^^

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

GRINNALL K3 Scorpion (22)
HONDA CBX (11)
クルマ (11)
バイク (1)
自転車 (5)
食べる (75)
ヒト (2)
モノ (22)
動植物 (30)
カラダ (7)
シゴト (28)
つぶやき (92)
未分類 (1)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR